テーマは「泉都“別府”に舌つづみ」アマネク別府の朝食が、伝統的な郷土料理に創造的感性を掛け合わせた和洋食ビュッフェにリニューアル

株式会社アマネクのプレスリリース

株式会社アマネク(東京都千代田区、代表取締役:安達禎文)が運営するホテル「アマネク別府 ゆらり」(以下:アマネク別府)は、現在提供している朝食の大幅なリニューアルを行い、大分県産を中心にそろえた地産地消のメニューや伝統的な郷土料理に、シェフの創造的な感性をくわえた約50種類の和洋食ビュッフェを7月2日(火)からご提供開始いたしました。

1日の始まりを彩る朝のひととき。別府ならではの竹細工や木格子をモチーフにした開放的な空間で、どうぞ「ごゆらり」とお過ごしくださいませ。

リニューアルのポイント

アマネク別府ではインバウンド需要の高まりから国内のみならず海外からも多くのお客様が来館されています。国内・海外問わず全てのお客様にご満足いただける様、これまでの和食中心の料理構成から洋食要素も各所に取り入れ、より多くの方にお楽しみいただけるラインナップに一新いたしました。

メニューには大分県産の食材をふんだんに使用した地産地消メニューや伝統的な郷土料理に加え、お客様の間近で出来立てのお料理を提供するLIVE感満載のメニューやご自身でアレンジしながら召し上がることができるメニューを新たに導入。体験要素もあわせて、朝の時間をより一層楽しめる新しいスタイルのビュッフェをご提供いたします。

メニュー内容を一部ご紹介

大分や九州の食材を使った地産地消メニュー

ミネラルが豊富で甘みのある大分ねぎと風味豊かで粘りの強い大分県の名産「くろめ」を使ったお味噌汁や、大分の特産品でご飯のお供としても絶品な「椎茸の辛子和え」など地産地消のメニューを多く展開しています。

創造的感性を加えた伝統的な郷土料理

大分で古くから親しまれている、小麦粉を平たく伸ばしてゆでた麺に、きな粉をかけて食べる「やせうま」を洋食風にアレンジした「やせうま パスタ 大葉クリーム」や、鶏肉・ごぼう・人参などを炊き上げた郷土料理「鶏めし」など、大分ならではの郷土料理を豊富に取り揃えています。

出来立てをご提供するLIVE演出

天ぷらや出汁巻きなどは”揚げたて””焼きたて”にこだわり、実際に調理スタッフがお客様の間近で調理したものをご提供いたします。

香りや音でも食欲を掻き立てるLIVE感のある演出にもご注目ください。

自分でアレンジできるメニューも

牛ダシの他、昆布やカツオなどを合わせたスープで食べる「別府冷麺」はさまざまなトッピングをご用意し、お客様自身でアレンジが可能。従来の冷麺とはまったく異なる別府の夏グルメをお楽しみください。

また、お客様ご自身で様々な具材をはさんで召し上がるボリュームたっぷりのピタパンもご用意しています。

その他にも、からあげ発祥の店「来々軒」監修の大分宇佐からあげなど約50種類のラインナップを取り揃えた豪華な朝食ビュッフェです。

朝食ビュッフェの概要について

・ご利用時間: 6:30 – 10:00 (L.O.9:30)

・フロア: アマネク別府ゆらり 1階

・料金:3,300円 (税込)

※7月2日(火)の朝食からリニューアル後の和洋食ビュッフェに切り替わります

※宿泊以外のお客様もご利用いただけますが、宿泊状況により受付できない場合もございます

朝食会場 「YURA-RE Lounge(ゆらりラウンジ)」

木格子と鉄骨を見事に組み合わせた独創性の高いデザインは、別府の伝統的工芸品である「竹細工」からヒントを得たもの。竹細工で有名な別府らしい木の温もりあふれる空間です。

開放感あふれる「YURA-RE Lounge(ゆらりラウンジ)」にて、ラグジュアリーな旅のひと時をご提供いたします。

シェフプロフィール

アマネク別府 ゆらり チーフシェフ  岡田 庄時

1989年大分県生まれ。辻調理師専門学校卒業後、東京・代官山にあるフレンチの名店「メゾン ポール・ボキューズ」など各地の一流フレンチレストランで経験を積む。

その他にもカフェや大手居酒屋チェーン店舗の立ち上げ、中食(お弁当・惣菜)事業のマネージャー兼商品開発チーフなど多岐に渡る経験を経て、2021年に「アマネク別府 ゆらり」のチーフシェフに就任。

アマネク別府では九州・大分産を中心とした旬な食材の魅力を最大限に引き出す料理を表現している。

アマネク別府ゆらりについて

<アマネク初の「地域活性化ホテル」 | 街とホテルの共栄を図り、別府の活性化を目指す>

アマネク別府は街とホテルの共栄を図り、別府エリアの活性化を目指す「地域活性化ホテル」をコンセプトに開業いたしました。ホテル周辺の飲食店会計を部屋付けできる独自の決済サービス「HEYAZUKE」や、セレクトショップの老舗SHIPS(シップス)とコラボレーションしたカラフルな浴衣のご用意など、飲食店を中心とした街の観光スポットを、ホテルの付帯施設のように散策したくなる仕組みづくりを行っています。

快適な個室空間とリゾート感溢れる充実した共用施設を備えながらも、国内有数の温泉街である別府ならではの文化を街に出向いて存分にお楽しみいただくことで、地域活性化への貢献を目指しています。

所在地 :大分県別府市駅前本町6-35

客室数 :191室

開 業 :2021年12月

公式HP:https://amanekhotels.jp/beppu/

株式会社アマネクについて

2016年6月に“日本の粋を活かした素材と独自の客室コンセプト”として初めての自社ブランドホテル「アマネク銀座イースト」を開業。以来、訪日外国人旅行者、国内旅行者、ビジネスパーソンをはじめ幅広い層のお客様に宿泊先として選んでいただき、開業以来高いご支持をいただいております。今後も日本の新しい『寛ぎ』のかたちを日本中へ、そして世界へ発信できるよう、ホテルの企画及び運営を行ってまいります。

現在は「アマネク」ブランドホテル9棟を含め、全10棟のホテルを運営しております。

社名:株式会社アマネク

URL:https://amanek.jp/

所在地:東京都千代田区霞が関3-3-2 新霞が関ビル3F

設立:2002年4月

資本金:5,000万円

代表者:安達禎文

事業内容:ホテル・旅館の企画・開発・運営など